暴飲暴食?そしてサプリメントの矛盾。※節約的見解

暴飲暴食を繰り返していた・・・というわけではなく、数年前に節約コラムの傍らで「酵素ドリンク」のリアル体験記書いていたのですよね。

仕事仲間からの依頼で、チャレンジ企画ブログを執筆していた・・・というのが正しいかもしれません。

すごくありがたいことに、モニターする商品は依頼主からショップに注文して私の家に直送してくれました。

あまり価格とかは気にせずに1か月間お試しする日々。

3食摂るのではなく、2食のみ。

当時、3食が普通だと思っていたのでとても苦しいもので、阿蘇に旅行に出ている間もそれも持参。

レポートは旅先でも続く。

その作業自体はとても楽しい。タブレットで記事を作り、その日付で投稿するのみですからねぇ。
画像を撮影することで自分の変化もよく分かってくる。

身体はすっきり。産後の肥満に悩んでいた頃でしたし、小学校の卒業式には昔の(細い頃)の服がなんとか入る感じです。

それのどこが節約的に矛盾するというのか・・・。

主に「健康に良い」とされる食品。サプリメントや粉末スムージー、酵素ドリンクの類ですね。

身体に良いものなら使い続けても良いのではないの?というご意見もあるでしょう。

お金を払って健康を買う。その考えにはとても共感できます。

しかし、各ブランドともに研究費などを使って開発した品物です。
それらは総じて「高い」んです。

食品としての「高さ」と言うべきでしょうか。

その費用が毎月または数か月ごとに消費されるならば私は「節約」を始める前に、子どもになんか買ってあげるだろう。

お菓子の材料費にもなるでしょうし、毎日の食事がより豊かになることにはなるのでは。

そして、暴飲暴食は季節の節目に起こり得ること。

春は花見、ゴールデンウイーク。

夏はビールでのビアガーデンや納涼会。

秋は食欲の秋。

冬はお鍋と冷たいビール。

たくさん飲む人は飲む。食べる人はたくさん食べる。

* * * *

自分で働いたお金なのだからどう使おうと勝手ではあるものの、わざわざその後でのサプリメント(健康食品の類)でリセットするかのような重なる出費・・・ってどうなのかな。古いかしら・・・。

そういう私も必要なサプリメントのお世話になるかもしれません・・・が、

年齢を考えると体の機能がどんどん衰えていくのは避けられないもの。

数年前までは身体のケアなんてほとんどしたことがなく、若いうちは一晩眠ればどうってことはなかったのに、今ではお風呂でリンパケア。ヨガを楽しむ日々。

どうしても辛い時はそれも取り入れよう。しかし、高いからいいというわけでもないと思うのです。

注意して見るのは

「国産であること」
「成分表示が分かりやすい(これ当然か)」
「続けられる価格帯」
「自分が友だち相手に儲けないこと(察して)」

・・・です。

ところがね、節約生活を始めて思ったことなのですが・・・。

サプリメントを飲まなくても体が軽いのです!!!

むしろ健康体に近づいている感じ。

1キロの体重減をしたかと思ったら、増加。そして筋肉量のUPと基礎代謝量のUP!!!※体組織計にて。

これはいったい何を意味するものだろう?

考えられる理由はひとつ。

すごく夢中になって仕事をこなしている・・・という点です。

昼ごはんを食べるのを忘れてしまうくらいに・・・ですよ。※気が付けば夕方5時

その楽しみのために家の中をさっさと片付けて保存食を1品くらいつくり、街へ出て見分を広げて・・・、

家で情報を整理して稼ぎまくる、どんどんその仕組みを作り上げる。

お酒や口に入る美味しいものは、それらが片付いた時でいいと思うくらい夢中になって仕事をしまくっているからでしょう。

ワインバーとか行きたいかな・・・。

初出版の時はひとり飲み楽しみましたよw

午前中でしたけれど、日本酒を升つきのコップで、そして美味しい鯖の刺身と。

朝はいつも体がすっきり!!そして仕事してお金を稼ぎ、それが楽しけりゃどんどんお金は貯まり支出は減る。※と思う。

より一層、健康になるためのお金の使い方は節約的な観点からすると、「いいね!!」です。

メンタルは健康から影響される・・・と思います。
私だってそれは経験しているからよく分かる。

そういう時ってなぜかムダにお金使っちゃう時はないですか?

ちょうど「現在」なんですが、子どもの入学や自分の生活の変化で疲れは感じていますからね・・・。気をつけねば。

食生活からどうにかしたいなと考えて繰り返し「20日→10日」「10,000円→5,000円」を決めたサイクルで「切り詰める」というよりも「支出をコントロールする」形で検証しているところ。

決められた予算内で「次の期間にこれ買ってみよう」とか思うけれどもメモは特に取らない。忘れていたら「そこまでだ」ってことですよね。私にとって必要ないものではないと思うので。

行きたくもない飲み会や仕事場でのストレスのはけ口でしかなかったり・・・なんて、ちょっとこの先の人生計画にはないですね。ええ・・・。

せっかく手に入れるサプリメントが数日間の通勤できるだけの体力維持や不摂生を解消するだけのもの・・・なんてもったいないことじゃないですか。

ぶっちゃけ、会社での不満が多い人ほど優秀な人が多いように感じてますけれどもねぇ。
もったいないんですよね。それで暴飲暴食?なんか身銭切ってそれ?と矛盾しかない人もなぜか多いと思う。

だいたい、その好きな物をどんどん食べて、太った痩せたと言いながらサプリメントジプシーやクソまずいスムージー飲み続ける生活・・・いったい、いくつになるまで続くと思ってる??

プレミアムフライデー・・・ってどうですか?
私は暴飲暴食する時間ではないと思っていますよ。

もし私にそんな金曜日があって土日がお休みならば・・・、会社で得られないスキルを磨きますね。

それか、静かに本を読んだり、映画を観たり・・・家族と共に行きたい場所に好きなものを見に行きたい。

きゃりん@博多の母ちゃん

きゃりん@博多の母ちゃん運営ブログ

きゃりん@博多の母ちゃん。暮らしの自由帳。※メインブログ
執筆業および何かの本の著者と博多の母ちゃん・・・やってます。
暮らしの中で感じたことのノート。

大人の自由研究

博多の曲げわっぱ

つくった常備菜(お惣菜)を使い倒す。

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+