食費(副食費)の期間限定の節約生活の日々が戻ってきた。

私は・・・本当に思い付きの人です・・・。

計画???ないないw

ただ、これだけは言えます。

子どもの成長とともに入学前はお金ってなんでこんなにかかるのだろうか・・・。

※しょぼん

娘が中学生になってからの20日間、副食費だけでも抑えることはできないかと「節約生活」をブログにしていたのですよね。

節約を中心にサイト運営をされている方が多く、チャレンジブログとして私も参加していました。

もうそれは過去のことではあるものの、その

20日間の節約生活

の間にこれは素晴らしいと思ったことがある。

それは、様々な人の応援です。

Facebookでシェアされたり、「マネしてみたよ!」という同年代の主婦の方らしい方からのコメント。

それが一番の応援です。

リセットするための20日間の節約生活を副食費で。

今回は「生活のリセット」に重きを置いています。
例えばね・・・うちの中学生。家があってお母さんがごはんを作ってくれて当たり前のように思っていますし、私も作ってあげるのが当然と思っているところがあります。

こういうチャレンジ物は、定期的に行った方が私には合っているようにも思います。
スーパーに買い物に行くのも「とりあえずお米だけはあるぞ」という状態がありがたいとさえ思えるようになりますからねぇ。

つまり・・・恵まれすぎているようにも思えるのです。

どのようにしたら楽しい節約生活になるだろうか?

はい・・・ムリはいけませんw

限られた予算内でどのくらいまで生活を豊かにしていくことができるだろうか?

そこをポイントにしていきたいと思います。

自分でも経験していますが、気持ちが貧しくなるようなムリな倹約は結局続かないもの。

ルールを作って、もしかしたら年度末の学生さんがいる家庭では必ず来る出費の嵐に対抗していくことがその都度できたらいいな・・・。

そう思って固定ページに「節約ルール」を書いてみようかと思います。

私の場合は「食費(副食費)」をメインにしますので、水道光熱費に関係するメーターチェックとかはしませんよ(笑)※キリがないしストレスたまる。

別のものを節約するならば「固定費」の部分じゃないかな。見直すような形で加入している保険など。当ブログとは関係ありませんが・・・。

恐らく、どこのご家庭でも副食費の節約くらいされていることなのかもしれませんが、「私にもできるわ」「そんなことをするくらいなら買えばいいじゃないの」という上から目線・・・要らんわ。

身体に良い食生活を送るにはやはり家で食べる食事からだと思います。
あまりにもストイック過ぎるダイエットが続かない人が多いことを考えてもどうですか?

ね・・・。楽しい節約生活を再び復活させます!!

きゃりん@博多の母ちゃん

※公言(メディアに残したり)したら「やる」のみ!!

きゃりん@博多の母ちゃん運営ブログ

大人の自由研究

博多の曲げわっぱ

つくった常備菜(お惣菜)を使い倒す。

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+