おからの煮物はアレンジが効く常備菜。足がはやいので早めに食べよう。

おからの煮物は用途が広いかな?とは思っていましたが案外そうでもないようなシンプルさ。

こんにゃくを田楽風にしようと出汁煮にしようとした際に余った部分を小さく切り、人参を加えて出汁で煮る。

2016-10-04-13-30-00

2016-10-04-14-53-29

使ったのは白だしなのであまり手間はかかっていないです。

おからってところでなぁに??

おからとは、豆腐を作る時に絞ったカスのこと。
昔はお豆腐屋さんが無料で配っているところも多かったのですが、私が住んでいる街ではお店がないので、2回分くらい調理できる量が80円くらいで売っています。

節約メニューには欠かせないものになっていますよね。

和風の味付けで冷蔵庫で1週間くらいは保ちます。

2回分を一度に調理するととても食べきれないので、一度フライパンでから炒りにし分けて使っています。

2016-10-04-14-53-58

おからのパワーって実は安いのにすごい。

おからには多くの食物繊維が含まれています。

たかが「豆腐の絞りカス」と侮るなかれ。

リノール酸と呼ばれる髪のパサつきや抜け毛を抑制される栄養素もバランスよく含まれているらしい。髪は体の組織の健康状態も表すため、これを書いている今、食事のバランスを考えながら取り入れているためか髪がサラサラに保たれています。

また、脳を育てる働きを持つレシチンも含まれているため、受験期の子どもがいるわが家にとっては2週間分で80円で欲しい栄養が摂ることができるのは大変ありがたい話です。

おからのクッキーなども研究しようと時期を考えています。飽きさせない工夫が必要かも。。

色んな食材と組み合わせて美味しくいただこう。

カレーを混ぜると食パンを使ったサンドイッチにもなる。

マヨネーズを混ぜてポテサラ風。

お弁当にも食べるお弁当カップに入れてもいい。

2016-10-08-7-17-29

食べる頃にはキッシュ風にシナシナに。

中途半端に余ったら卵とピザ用チーズを使ってスパニッシュオムレツ風。柔らかくて美味しかったですよ。

人気ブログランキングに参加中です。ここをクリックして応援お願いします

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+


きゃりん@博多の母ちゃん