ナスを焼いて生姜醤油和えにした常備菜。お弁当にも

ナスとおろし生姜、そして醤油でできちゃう簡単常備菜。

ナスを輪切りにして隠し包丁を入れておくのもいいけれど、その手間を省いても大丈夫。

テフロン加工のフライパンで両面を油を敷かずに焼きます。

その間におろし生姜と、醤油を合わせてタレを作っておく。

熱々に焼けてしんなりしたナスを、そのタレに絡めてしまう。

特にレシピを書く必要がないくらいの簡単さです。

フライパンに入って火にかけた状態のものに生姜醤油のタレを回しかけて仕上げてもいいのですが、私はタレの中に入れて馴染ませることが多いです。

ナスの栄養価だけみるとそう高くはない。しかし・・・?

夏野菜に共通する野菜は水分を多く含みます。

きゅうりと同じく上手に取り入れて夏は体を冷やし快適に過ごしましょう。

確かに栄養価はそれほど高くはないけれど、トマトや魚、豚肉、アスパラなどと相性が良く、別の栄養素を調理してまとめやすい。

今回のは生生姜を使っています。

体温調整には役立ってくれるものではないか・・・?と期待しています。

きゃりん@博多の母ちゃん

きゃりん@博多の母ちゃんの運営ブログ

きゃりん@博多の母ちゃん。暮らしの自由帳。※メインブログ

大人の自由研究

博多の曲げわっぱ

食費1万円節約生活(20日間)

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+