冬に大根の皮を干すととても辛いけれどクセになる漬物は常備菜(お惣菜)になる!

大根の皮は少々厚剥きにして、なんとなくザルが目に入り2日くらい干してみることにしました。

冬はストーブでホックホクの料理を作る楽しみがある。

この冬も例外ではなく、新鮮で美味しい大根が手に入りました。

厚剥きして別のものにできないかな。

この時点で何を作ろうか・・・とか深く考えずにいましたが、キムチの素がありそれを活かそうかと・・・。

2日天日干ししてチョキチョキ切って。

大根の皮が2日で少し乾き、これなら良い漬物や常備菜(お惣菜)になりそうだぞ。

ホコリなどを取ろうと軽く水洗いしキッチンペーパーで水気を拭き取る。

キッチンバサミでチョキチョキ切り、茎の部分も美味しく食べよう!!

味付けは、白だし、キムチの素、塩昆布。

計らないで調味料をブチ込む。

しめしめ・・・美味しくごはんがとても進むおかずのようにもなりそうだ。

とっっっっても辛いw歯ごたえもスゴいw

ひとことで申し上げますと・・・。

めっちゃ辛いwww

しかも固いwww

噛むとガリガリと骨でも食べてるの?というくらい固いけれども、噛み応えがあるのは素晴らしい!!!

娘は飽きてしまいそうなので納豆に加えてごはんをおかわりしていました。

とてもごはんが進むものになりました。
おかずは少なかったけれども、すごく満足していました。サラダの代わりにお漬物っていいのではないかな・・・。

大根の皮には栄養がたくさん詰まってるの?

干したら辛くなったのかしら?
煮た大根はとても甘かったのですよね。

大根の皮には身の部分よりもビタミンCが多く含まれているらしい。

参考リンク:大根の栄養と効能について。
http://yakudatta.com/archives/19095.html

辛味はその大根の個性かもしれませんが細切りにして干すと切り干し大根も自分で作れちゃうのかな。

切り干し大根の栄養についてはここにも書かせていただいています。

関連リンク:切り干し大根の煮物を常備菜に!朝ごはんやお弁当のおかずに助かる。

切り干し大根の煮物を常備菜に!朝ごはんやお弁当のおかずに助かる。

大根の皮が余ったらとにかく干す。

天気が良い冬の日にベランダで干すことができました。

私の家は福岡市内でも田舎のほうで、交通量が多い地域でもない。
目の前は海。だからできることなのかもしれませんけれどもねwww

飛んでしまわないような工夫は必要かもしれません。しかしせっかくの恵まれた環境ですのでそれを活かそうと思います!!

すぐになくなっちゃうかもしれない・・・と思いましたが、案外少量で満足度が高かったのはガリガリとよく噛んでいただいたから・・・なのかも?

きゃりん@博多の母ちゃん

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+