きゅうりと大葉でさっぱり夏風味!博多のだし文化を活用。※曲げわっぱに使いたい。

きゅうりと大葉の組み合わせはとても合います。

2016-08-02 17 38 31

博多の大きな行事のひとつで山笠の期間中は食べることはない食材ですが、終わったらフル活用!

長崎生まれの私ですが、最初に博多の街にやって来た時に新鮮に感じたことは・・・、「だし文化」でしょうか。

福岡(博多なのか?)の郷土料理「だぶ」を地域の人が炊き出しで出してくれた際に初めて食べてみた時に思ったのですが、出汁がとても効いています。

それ以来、しっかり出汁(だし)を取ってからがめ煮(筑前煮)の調理にかかる。
煮物の味が優しいです。

和え物にもよく使います。
だいたいまとめて出汁をとり冷蔵庫に小分けして使い切ってることが多いかも。

今は「白だし」などもあるのでそれを使って「漬物風の和え物」を食卓に並べますが・・・。急いでる時はそうしてますw

やっぱり自分で取った出汁を使って和え物した方が味が優しく、軽く塩もみして水分を抜いたきゅうりに出汁の味が染み込み、刻み大葉との相性がいいと思いました。

2016-08-02 17 39 04

冷蔵庫にストックしておいた鰹だしを大さじ1、好みの醤油で味を調えます。

気になる大葉の栄養素などについて調べてみました。

大葉から摂ることができる栄養はとても豊富で、ビタミン各種、カルシウム、カリウム、鉄マグネシウム、亜鉛。。。

しかも免疫力を高めてくふぇるαリノレン酸や、ダイエット中の人は注目すべき要素のロズマリン酸・・・って初めて聞いたわぁ。
ロズマリン酸は体脂肪を分解する働きを持つというので、博多の曲げわっぱのお弁当に青みを加えるならばぜひ活用したいです。

バランじゃなく食べる仕切りとして利用できる!

お刺身のツマに彩りを加えるだけではなく、傷みやすいものを腐りにくくする防腐作用などもあると言いますので、家族で出かけた時のお刺身定食や刺し盛りと一緒に出てくる大葉はぜひ食べましょう。

2016-08-02 17 39 37

2016-08-02 17 40 54

和食はとても合理的に出来ている!!

買っても安いし、ベランダで栽培していたこともある。

今は、ベランダにあるエアコンの室外機の熱さで育てることが困難ですが、毎年必ずと言っていいほどベランダのプランターで育てていた大葉。

収穫の楽しみひとつでした。出来なくなったのは少し残念です。

しかしながら10枚で100円前後で売っていますし、毎日毎食・・・ひとり1枚くらいは食べたいし苦痛にもならんとよ。

食欲がない時のお粥に刻んだものを入れることも。

きゅうりはほとんど栄養素はないらしいけれど、体を内側から冷やしてくれる働きがあり、夏場には取り入れたい食材のひとつ。

漬物のような感覚で、お弁当に取り入れてみましょう。

人気ブログランキングに参加中です。ここをクリックして応援お願いします

2016-08-02 17 41 25

きゃりん



美味しい食材を食べよう!
安心食材の宅配ならOisix